サプリメント人気沸騰【旋風を巻き起こす商品たち】

水素と水の組み合わせ

サプリメント

水素を水にとかしたら

水素水とは水素を水にとかしたもののことです。水素は無味無臭で人体には無害の物質です。水素は体内の活性酸素と結び付いて水にする、抗酸化の力があります。さらに、同じ高酸化力を持つビタミンCやEなどと比べても、水素は不要な活性酸素だけに反応する点で優れていると言えます。他にも、水素を取り入れると運動後に疲労の素となる乳酸がたまらないというデータも出ているため、スポーツ選手の中に取り入れている人がいます。水素分子はとても小さいため、ペットボトルに水素水を入れても分子がボトルから抜けてしまいます。そのため、製造時には水素水を入れて出荷されても買う頃には半分以下になっています。よって、水素水を買うならば水素分子が通れないアルミニウムでできた容器に入ったものを選んだほうが効果が期待できます。

体内に入った水素の働き

体内に入った水素は必要以上に増えた活性酸素を水にしてしまう力があります。活性酸素は自力でも分解できるためその範囲内であれば活性酸素は殺菌効果を発揮してくれます。しかし、分解しきれない量まで増えると細胞を無差別に攻撃して老化をはじめとした様々な病気の素になります。水素は自力で分解できない活性酸素だけに働きかけてくれるので他の抗酸化力をもつものよりも優れていると言われています。一方、水素水の副作用については基本的にはないとされています。ただし、まれにお腹がゆるくなるという症例があるそうです。この件について、活性酸素を排出する作用であるとか、便通を良くするというサルフェートが入った水素水を飲んだためであるとか多くの意見が出ているため必ずしも副作用とは言い切れないようです。いまは健康食品としても水素水は人気なので、毎日の生活に取り入れていきましょう。